“アクティブな方”を選択をする人々を描いたApple WatchのCM

Apple Japanが、「さあ、アクティブな方へ。健康の未来が手首の上に」というキャッチコピーのもと、Apple Watchのフィットネス機能をPRするため、装着することで”アクティブな方”を選択をする人々を描いたCMを公開しました。

動画は、寝起きにゴロゴロしようとする女性が突然手首から引っ張られ、外に散歩に出かけるシーンからスタート。

車に乗ろうとした瞬間、手首から引っ張られ自転車を軽快に運転しながら出勤する男性や、エレベーターに乗ろうとしたら突然階段の方へと引き寄せられる女性の姿も。プールサイドで休憩しようと歩いていた女性は、もう1ラップ泳ぐことにしたようです。

その他にも、街中をジョギングしているときに信号を待つのではなく歩道橋を駆け登ることにした女性や、自動販売機の食事で昼食を済ませようとしていたのに気付いたら街に繰り出している男性などが。彼らを引っ張る手首には、共通して最新のセンサーで常に運動量を測っているApple Watchが装着されています。

ウェアラブル商品のバリエーションが増えつつあるテック市場で、フィットネスという機能のみに訴求を絞ったミニマルなApple Japanらしい世界観を持つCMでした。

その他の広告事例についてはこちら
https://predge.jp/search/post?genre=24

DYK
タイトルとURLをコピーしました