コロナ禍を生き抜く教養!マンガで学ぶ「人体のナゾ図鑑」

DYK
PARCO出版から、「ビーカーくんとそのなかまたち」シリーズなどの理系キャラクターで人気を博すイラストレーター・うえたに夫婦の最新刊『注射器兄弟がマンガで教える!人体のナゾ図鑑』が、2月20日(土)より発売中だ。

イラストレーター・うえたに夫婦

イラストレーター・うえたに夫婦は、化粧品メーカー資生堂の元研究員の夫と、理系ではない妻の夫婦で活動しているユニット。オリジナルキャラクター「ビーカーくんとそのなかまたち」のグッズ制作・販売をはじめ、最近では理系の知識を活かして「理系イラストレーター」としても活動中だ。

マンガとイラストで人体のナゾを楽しく解説

DYK
そんなうえたに夫婦が絵と文をてがける『注射器兄弟がマンガで教える!人体のナゾ図鑑』1,200円(税別)では、なかよしの注射器兄弟タローとジローが人の体内をめぐり、各器官とそのはたらきをナビゲート。

DYK
身近な疑問の答えから、詳しい体の仕組みまで、豊富なマンガとイラストで楽しく解説してくれる。

体の常識をマンガでサクサク学習できる

人体は自分にとって最も身近なもの。しかし体の中は見えないため、知らないことがたくさんある。

DYK
同書では、“なぜ咳が出るか”、“なぜ緊張するとドキドキが速くなるのか”、“うんちは何でできているのか”など、読めば誰かに教えたくなる人体の仕組みを知ることができる。

DYK
人体の各パーツがキャラクターとなり話しかけてくるマンガやイラストで、好奇心旺盛な子どもから大人まで楽しめる内容となっている。

体に興味をもつことは自分を好きになる第一歩!活きた知識を得ることができる一冊『注射器兄弟がマンガで教える!人体のナゾ図鑑』を親子で読んでみては。監修は、元・常葉大学教授の竹内修二氏。

タイトルとURLをコピーしました