灘高から東大「天才と変人の紙一重」と言われる本当の理由

ざっくり言うと
  • 精神科医の和田秀樹氏が、灘高時代の同級生について語っている
  • 東大を卒業した中田考氏のことを孤高の天才であり変人だったと回想
  • ニーチェなどを読み込んでいて、言うことが全て哲学的だったそう
記事を読む
DYK
DYK
タイトルとURLをコピーしました