マスクしての運動、肺機能に重大障害起きず 米加研究者

新型コロナウイルス対策のマスク着用で息切れの増加が生じる可能性があるものの、マスク装着できつめの運動をしても肺機能に重大な障害が起き得ることを示す証左はほとんどないとの研究結果がこのほど公表された。 米国胸部学会議の紀要で米国とカナダの研究者グループが報告した。影響があったとしても非常に軽微とも結論づけた。 今回の研究に加わった研究者の1人である米カリフォルニア大学サンディエゴ校医学部教授であ...
DYK
タイトルとURLをコピーしました