日本の成長率落ち込みを過小評価できない理由 外需により大きく振れる構造は変わっていない | 若者のための経済学 | 東洋経済オンライン

8日に内閣府が発表した4~6月期の実質GDP(国内総生産)成長率(2次速報)は前期比マイナス7.9%、年率で…
タイトルとURLをコピーしました