【Dessin de Mode/デッサンドモード】コンテポラリーなスタイリング。

こんにちは。
グラムールの梅田です。

本日もどうぞよろしくお願い致します。

 

本日紹介致しますのは、
デッサンドモードの70’sジャーガードプルオーバー
http://www.glamour-online.jp/products/detail5976.html


側章ジャージパンツとのスタイリングです。
http://www.glamour-online.jp/products/detail5679.html

 

 

以前はセットアップのインナーのスタイリングで紹介致しました。
70’sジャガードプルオーバーニット。

 

 

 

 

ジオメトリック柄は「幾何学(きかがく)模様」という意味で、
直線や曲線を使って規則的に描かれた柄になります。

 

アートをファッションに取り入れたと言えば、
モード界の帝王イヴ・サン・ローランが1965年に発表した、

「モンドリアンルック」
(白のミニワンピを垂直と水平にいれたラインによって分割し、分割されたそれぞれのエリアに赤、黄、青の3原色を大胆に取り入れたアートとファッションを融合させたデザイン。)

が印象的ですが、
その後1970年代後半から80年代にかけてパリコレのトレンドとして話題になり、
年代を象徴する柄になりました。

70年代を象徴する柄と
90年代を象徴とするスポーツをMIX。

まさに今の時代を反映した、
コンテンポラリーなスタイリングです。

 






 

 

こちらは、
デッサンドモードの付け襟コートとのスタイリング。
モード感のあるマキシ丈とスポーツとアートをMIX。

http://www.glamour-online.jp/products/detail6027.html




 

最後までご覧頂きまして、
誠にありがとうございます。

是非ご検討くださいませ。

そして既にご購入をして頂いているお客さまは、
スタイリングの参考にして頂ければと思います。

 

宜しくお願い致します。

 

タイトルとURLをコピーしました