【Buddy&M】シャネルツィードスニーカー 〜敬意を表する新たな試み〜

この春夏、皆様に是非知って頂きたいアイテムが御座います。少し長くなりますが、ご紹介させて下さい。世界的トレンドになっているスニーカーブーム。セリーヌなどのラグジュアリーブランドの発表を始め、今やスポーツブランドまで幅広くファッショントレンドとして上がってきているスニーカーですが、その流れは一体何処までいくのか?今後どういった流れになるのか?既にラグシュアリーブランドでは5万〜10万円の高価なスニーカーが続々と発表されています。革靴とスニーカーの価格差が無くなってくる。つまり、安価なイメージのスニーカーではなく、革靴の様な上質なクオリティを求めた時代が来ています。ただ、まだまだスニーカーに5万円以上出すという事が受け入れがたいというのも事実。素材、ディテールに拘りクオリティを突きつめれば価格が上がるのは当然ですが、ニーズと合わなければモノの価値は上がりません。
そこで今回私たちがご紹介したいのが【Buddy&M/バディ&エム】この春夏より新しく取り扱いをさせて頂くブランド様で御座います。全ての生産工程を日本で行い、ハイクォリティ&ロープライスを実現させ瞬く間に世界から認められるようになった【Buddy/バディ】。ハイブランドと同等の品質をスニーカーというアイテムに特化する事で、リーズナブルな価格を実現しています。今や国内のみならず、パリの展示会デビュー後、世界の好感度ショップで販売させる人気ブランドとなっています。パリのコレット、ミラノのコルソコモ、ロンドン、ニューヨークのドーバーストリートマーケットなど世界を股にかけて展開されています。
そして【&M/アンドエム】Meister,Master,Maestro,そしてMakerのMから付けられた【&M】。職人への敬意を表したネームを持ち、素材、やパーツを変える事で異なるムードに変貌を遂げる事を目的とした国内ブランドです。つまり、今回のアイテムは既存のBuddy/バディのモデルに&Mが息を吹き込んだによるスペシャルアイテム。
DSC_9919
前置きが長くなりましたが、まず一番は今回使用されている注目の素材”リントンツィード”。”シャネルツィード”と言った方が分かりやすいかも知れません。イギリスの老舗ファンシツィードメーカー”リントン社”。若きココ・シャネルが惚れ込み現代まで長きに渡りシャネルで使用されているリントンツィードは、いつからかシャネルツィードと呼ばれるまでになっており、現在もシャネルはリントン社の最上かつもっとも名声のある顧客となっています。そしてリントン社のツィードは『上質』の代名詞となり、その極めて美しい生地は、パリのキャットウォークでの常連とまでになっています。
chanel_metiersdart_1213_004-thumb-660xauto-153653

LINTON GALLERY 1LINTON GALLERY 3

今回はこの最上級のリントンツィードをヒール部に使用しております。ダークトーンの生地を使用している為、落ち着いた中にもリントンのラグシュアリー感が非常に良く出ており、他と一線をなす仕上がりになっています。アッパーは柔らかな牛革のゴールドとシルバーを使用。リントンツィードとの相性も良く、当店らしいモードな雰囲気が存在感抜群です。ゴールド、シルバーに合わせリントンツィードの生地も変えてあるのも◎ ベースのスニーカーの作り込みはもはや説明不要です。革質、ディテールは勿論の事、カップインソール、柔らかなアウトソールと全てクォリティを突き詰めた確かな作りです。そして最後に驚きのプライスレンジ。贅沢なリントンツィードを使用し、制作するに高い技術を必要とし通常よりもかなりのコストが掛かるのですが、今回はブランド様の協力もあって2万円前半というプライスでご提供できる事となりました。(ちなみに、次期パリ展示会では倍以上の値が付くと言われています)

冒頭に述べたハイクォリティスニーカー。是非皆様にもお試し頂ければと思います。

〈Buddy&M〉 リントンツィードスリッポン

 COL:SILVER,GOLD SIZE:26.5,27,5,28,5

¥21,000+TAX

DSC_9927
DSC_9925

DSC_9928DSC_9932

 
DSC_9945
DSC_9950

DSC_9953DSC_9957

こちらのモデルは当方レディスショップでも展開しております。さらにレディス限定モデルとして、アッパー全体にリントンツィードを使用しているモデルも御座いますので、気になる方は是非レディスショップもご覧下さいませ。

タイトルとURLをコピーしました