【Maison Martin Margiela】2015AW -Avant Premiere-

昨日は東京の恵比寿にある〈Maison Martin Margiela/メゾン マルタン マルジェラ〉のショールームにて2015AW プレコレクションの展示会が行われましたので、私達GLAMOURも行って参りました。来年の秋冬の展示会になりますが、早いものは6月頃には入荷予定も御座いますので是非ご覧下さいませ。

写真 1

階段を上がると、マルジェラらしい真っ白い空間が現れ、その一番奥のカーテンを開けると、真ん中にはペンキで白く塗られたテーブルと椅子。そして壁面には今回のラインナップがずらり。マルジェラらしい白一色の空間と、ほのかに香るオリジナルのフレグランスでとても不思議な気分にさせてくれました。こういった世界観の演出もマルジェラのアイテムをより一層引き立ててくれ、その中へ引き込まれるのもマルジェラの魅力の一つです。

DSC_8984

今回のプレコレクションのテーマは『70’s フィーリング』。一番のインスピレーション源は「クラウトロック」と呼ばれる70年代に西ドイツで登場した音楽です。今までのロックにクラシック、電子音などのサイケデリック要素を取り込んだ音楽で、今のテクノの走りのような雰囲気です。これらは70年代を象徴するようなサイケデリックなマルチ柄、アクセントカラーにイエロー、オレンジ、ブルー等を入れて表現されています。さらにアーティザナルアプローチ『Rework Garment/リワークガーメント』マルジェラが得意とする分解→再構築により生まれ変わるアイテムも多く発表されていました。

ブルーの発色が目を惹くスキーダウン。首元、袖のリブニットの切り替えが「リワークガーメント」を表現しています。こういったパッチワークのようなディテールも来期は注目です。

DSC_8963

70’sをイメージさせるサイケデリックなマルチボーダーニット。独特はパターンのボーダー柄とカラー使いが見事にマッチしたアイテムです。

DSC_8896

DSC_8897

DSC_8918

定番のエルボーパッチシリーズも来期はこういったイエローが特に目を惹きました。スウェット素材なのでライトに着て頂けます。勿論ハイゲージのニットタイプ、カーディガンも御座います。

DSC_8843

DSC_8845

マルジェラらしい転写プリントのTシャツ。このように定番エルボーパッチカーディガンで合わせたシンプルなスタイリングに色付けしたい気分です。

DSC_8958

DSC_8870

DSC_8873

マルジェラ定番シューズ、レプリカジャーマントレーナーも昨今のスニーカートレンドを踏まえると、また今気になるアイテムです。秋冬はミドルカットでボリューム調整をしたいところ。

DSC_8756

DSC_8758

DSC_8771

DSC_8780

今までは定番の二つ折りをご用意しておりましたが、来期はロングウォレットは如何ですか?少しシボ感のある非常に柔らかい革にマルジェラアイコンのステッチが施されています。

DSC_8801

DSC_8805

DSC_8785

DSC_8792

この他にも気になるアイテムはピックアップしてきておりますので、店頭でご覧頂ける様になっております。ご来店の際はお気軽にスタッフまでお申し付け下さいませ。最後に….皆様気になっているジョン・ガリアーノのクリエイティブディレクター就任発表。いつからか?どう変わるのか?私達も大変気になるところでしたので、少しばかりお話が聞けました。時期については1月のオートクチュールコレクション、その後全てのラインを手がける予定だそうです。どう変わるのか、というのは未知です。。。マルジェラがデコラティブになるのか、ガリアーノがミニマムになるのか。果たしてどのような化学反応を起こすのか。史上最高の才能の持ち主とも讃えられるジョン・ガリアーノ。彼が指揮をとるこれからのメゾン マルタン マルジェラはさらに楽しみとなりそうです。

 

“Dressing up. People just don’t do it anymore. We have to change that.”

『人々は着飾ることをしなくなった。私たちはそれを変えなきゃいけないんだ。』

John Galliano

 

タイトルとURLをコピーしました