DOLCE&GABBANAがデザインした優雅できらびやかなクリスマスツリー

今日は待ちに待ったクリスマス・イヴ。皆さまいかがお過ごしでしょうか。本日はクリスマスにちなんでDOLCE&GABBANA【ドルチェアンドガッバーナ】がデザインした絢爛なクリスマスツリーをご紹介します。
ロンドンのメイフェアにある5つ星ホテル、Claridge’s (クラリッジズ) の2013年度クリスマス・ツリーのデザインをDomenico Dolce (ドメニコ・ドルチェ) と Stefano Gabbana (ステファーノ・ガッバーナ) が手掛けました。両氏はシチリアの手製パペットやイタリア南部にインスパイアされたカラーリング、同地域でお祝い事がある際に使われるガラス製の宝石など、イタリアン南部のエッセンスをふんだんに取り込んだクリスマスツリーを完成させました。「今回のクリスマス・ツリーは、イタリア式のクリスマスを祝うためのものだけでなく、イタリアの伝統的な職人技術へのトリビュートでもある」ともコメントしています。同ホテルがクリスマス・ツリーのデザインを、有名デザイナーに託したのはこれで4回目となります。一昨年はLANVINのAlber Elbaz(アルベール・エルバス)が手掛けグラムールブログでもご紹介しておりました。DOLCE&GABBANAが描く、優雅できらびやかな世界をどうぞご堪能下さいませ。
DYKDYKDYKDYKDYK 《Dolce&Gabbana and Claridge’s Christmas Tree》

DYK本日12月24日(火)GLAMOUR NIIGATA MENは休まず営業しております。万代にお越しの際は是非お立ち寄り下さい。
それでは皆さま素敵なクリスマスをお過ごし下さいませ。
 

タイトルとURLをコピーしました