『RAF SIMONS/ラフシモンズ』ノッチ2Bジャケット

昨日に引き続き、気になっている「ジャケット」の話をひとつ。本日ご紹介するのは、先日入荷したばかりRAF SIMONS【ラフシモンズ】のジャケットです。ラフシモンズと言えば、私がハイファッションに興味を持つきっかけとなったデザイナーのひとりで、モードに対して勝手に思い描いていた「派手」「男らしい」「敷居が高い」といった固定観念を打ち砕いてくれた存在でもあります。アンニュイで知的、エレガントでありながらストリート、そのような部分に私は当時強く惹かれたんだと思います。中でもテーラードの構築性は際立っておりレギュラー、ロングと買い揃えるように購入した記憶が残っています。それが90年代終わり~00年頃の話ですから、もうかれこれ十数年が経過。ラフのクリエイションには常に注目してきましたが、お取り扱いを終了したこともあり、商品を購入したり、実際に袖を通す機会がなかったのが正直なところでした。

さて今年の2月、十数年ぶりのお取り扱い再開を前提に、パリにあるラフシモンズのショールームに伺いました。コレクションの内容も素晴らしかったですが、完成度の高い実際の商品構成に圧倒され、私たちは買い付けを行うことをその場で決断しました。ショールームでは様々な商品を試着してみましたが、個人的に真っ先に袖を通してみたかったのはやはりテーラードでした。デザインしているジャケットの中で一番プレーンなものを選び試着してみました。それは「ラフシモンズぽいな」という懐かしさを残しながら、今の空気感を敏感に取り入れた全く新しいものに進化していました。自分の信念やスタイルを大切にしながら、常に前を向き新しいクリエイションを創造し続けてきたラフシモンズ。彼のクリエイターとしての真価や歴史を、ジャケット一着の中に垣間見ることができた瞬間でした。

ファッショントレンドなるものを超越した、アートピースとして誇れるような素晴らしい一着に仕上がっています。皆さまも実際に袖を通して、天才デザイナーのクリエイションを肌で体現してみて下さい。

ノッチ2Bジャケット 102,900yen
NAVY(モデル着用のサンプルはBLACKですが、実際入荷したカラーはNAVYになります) 

DSC_3737DSC_7006DSC_7011DSC_7019DSC_7024DSC_3740昨日はRAF SIMONSを目当てに多くのお客様にご来店頂きました。間もなくオンラインストアにも商品を掲載致しますのでそちらもどうぞお楽しみに。こちらの商品に関する詳細のお問い合わせ、通信販売のご希望は、オンラインストアお問い合わせフォームよりそれぞれお願い致します。

 

タイトルとURLをコピーしました