グラフィティアートのペインターをイメージしたテーラードジャケット

N.HOOLYWOOD【エヌハリウッド】の商品がかなり充実しております。今期はチェック柄やストリート感あるグラフィックTなどが多く、店頭はかなり華やかな感じになっております。ここ数日、だいぶ春らしい気候にもなってきましたので、お近くにお住まいの方は新作を目当てにGLAMOURへ足をお運び下さいませ。

さて今シーズンのN.HOOLYWOODは、70年代後半にNYで生まれたグラフィティ(落書き)アートをテーマに掲げています。70年代後半から現在までの、ペインター達のスタイルと、彼らが描いてきた壁や路上にできたアート、この2つがデザイン要素として落とし込まれています。本日ご紹介する七分袖のジャケットも、それら要素をデザイナーならではの視点で描いた一着。フロントから背中を一直線に走るファスナーは、「ペインターの実用性」をイメージした洒落たデザイン(両脇部分のみ実際ポケットとして活用できます)。リブを施した七分袖のデザインも、「スプレーで絵を描く時に邪魔にならないように」という意味が込められているそうです。仕立てはカジュアルでリラックス感ありますが、シルエットが細いのが特徴。七分袖なので開放感があり、「デザインの意味」とはまた違うところで楽しめるのも魅力ですね。

DSC_2993七分袖ジャケット 52,500yen

DSC_3008DSC_2970DSC_3019DSC_9844DSC_9841DSC_9842N.HOOLYWOODの商品に関する詳細のお問い合わせ、通信販売のご希望は、オンラインストア商品ページよりそれぞれお願い致します。

 

タイトルとURLをコピーしました