ネイティブ・アメリカンの信念

 「ナバホ族」とは、アメリカの南西部に先住するインディアン(ネイティブ・アメリカン)部族です。
ターコイズや銀を始め、ゴールド(14金)・サンゴ・オニキス・ラピスラズリ・シェルマラカイト・オパール等を用いた宝石細工を得意とし、ナバホのほとんどはこの装飾品を身につけています。
この伝統は1800年代半ば、スペイン人がインディアンに金属製の道具を与え、メキシコ人の銀職人が「ナバホ族」に銀細工の技法を伝授したのが起源だと言われています。
GLAMOURはこのたび、そのナバホの伝統工芸のスタイルを継承し続けているシルバー・ジュエリー職人、アルソマーズ氏へ直々に依頼し、特別なコンチョ・ベルトを制作することができました!!
GLAMOURのコンセプトをアルソマーズ氏に伝え、世界中でもGLAMOURにしかない、スタイリッシュに生まれ変わったトラディショナル・ジュエリーの完成です!!
 
本来のインディアン・ジュエリーにはまず見られないような幅1.5cm程のレザーに、美しいターコイズが光るシルバー・コンチョを始め、全てヴィンテージのパーツにより仕上げられております。レザー部分から突出したコンチョのバランスが独創的かつ美しい、と私達は自負しております!!
また、レザー部先端を長くとっており、垂らして使用できる細工も致しました(先端にも小コンチョをあしらっております)。それも魅力の一つかと思います。

 

 
 AL SOMERS【アルソマーズ】 Hand  Made  Naitive  American  Concho Belt     55,650yen
この手のハンド・メイド・インディアンジュエリーの中では、破格のプライス設定に成功致しました!!
ちょうど入荷して参りましたEKAMの秋物の新作、Biker Vestに合わせ、ネイティブアメリカンの香り漂うロックテイストに仕上げてみました。
   
Riders Vest   EKAM 【エカム】
Loose Cutsew   JURIUS【ユリウス】
Short Pants   CILANDSIA【チランドシア】
Shoes   LANVIN【ランバン】  
動きのある軽やかなレザー、そしてフリンジ付きのカットソーにこのベルトがよく合っています。 

伝統的工法にこだわるがゆえ、バングル一つを仕上げるのに丸二日を要することもあるそうです。
それでも制作姿勢を変えない理由は、本物の輝きを求め、自分の作品をリスペクトしてくれる顧客に対して、最高の商品を提供したいから、だそうです。
このベルトからも、アルソマーズ氏のその信念を読み取ることができます。
もちろんジーンズを主体としたような、トラッドなアメリカンスタイルにも、もちろんよく合います。通常のネイティブなデザインのベルトよりは、繊細な感じがして少しモード感を演出できるのではないでしょうか?

この素晴らしさ、是非手にとって実感していただきたいと思っております!!

タイトルとURLをコピーしました