LANVIN!LANVIN!

LANVINのコレクションは、もうご覧になりましたか?

シルエットの美しさ、躍動的な素材感、そして細やかなディテールに注目してください。
ちょっぴり大人になったモダンボーイ達。
パリ最後の仕事はそんな彼らへのアプローチでした!

会場の圧倒的な熱気に呑みこまれそうなほど。このメゾンの、ファッション界における重要性を改めて感じました。

広大な敷地に、溢れんばかりの人、人、人!まさに体育館状態(笑)。ちょうどレディースのプレコレクションも同時に行われていました。

LANVINの服は繊細で美しい。その魅力は、実際、手に取って、触れてみないと分からない。
そして、着てみて全てが理解できる、そんな服です。

少年風のモデルも、いつもより、大人っぽく、そして力強く映りました。

LANVINのショーでの個人的な楽しみは、アリエル・ウィズマンによる、美しいサウンドトラック。ミニマルなエレクトロビートを軸に、壮大なオーケストレーションや、ノイジーなロックミュージックを紡いでいくスタイルは、コレクションに華を添えています。あいにくマイナーな選曲とクレジットも公表されないため、詳細はあまり不明ですが、とりわけ2年ほど前にフューチャーされていた「FINAL FANTASY」ことオーウェン・パレットの楽曲がとても印象的でした。彼の儚く、幻想的な世界観は、LANVINのイメージと交錯します。

翌日、お店も見に行きました。

さすが、遊び心溢れたショーウィンドウ!

ルカ、そしてエルバス!今回も素晴らしいコレクションをありがとう!
あなたたちのクリエーションに、心からの敬意を払います!

タイトルとURLをコピーしました